占い鑑定を受けてみたい。

そう思っても、種類も多く何を受けたらいいのか分からない。

そんなお悩みありませんか?

 

私が初めて占いを受けてみたいと思ったときにも、何で占えばいいのかと迷ってました。

この記事では、占術に迷ったときに選ぶべき占いについて、私の主観満載でお答えしていきます。

ぜひ参考にしてみてください。

 

占い鑑定を受ける目的で決める

あなたが占い鑑定を受けたいと思った理由は何でしょうか。

  • 何か解決したい悩みがある
  • 単純に占い鑑定に興味を持った

大きく分けると、この2つに分けられると思います。

 

占う目的がはっきりしている場合

占う目的がハッキリしている場合、私は卜占術をオススメします。

卜占術とは、自分に関わる出来事や状況などの吉凶判断に強い占いです。

その判断を受け入れるには、覚悟が必要な場合もあることでしょう。

ですが、前進をしなければ事態は変化しません。

モヤモヤした気持ちを払うのには、吉凶がハッキリ出る卜占術が最適だと私は思います。

 

そんな、卜占術に当てはまる占いはコチラ。

  • タロットカード
  • オラクルカード
  • ルノルマンカード
  • 周易
  • 断易

 

占う目的がはっきりしていない場合

なんとなく観てもらいたい、特に悩んでいる事柄がない場合は命占術・相術をオススメします。

 

命占術や相術は、現状や未来の状態を教えてくれます。

人生という長いスパンを視ることに適した占いなので、自分について知ることができます。

自分でも気づいていない特徴だったり、長所を知ることにより、今後の人生に大いに役立たせることができます。

 

そんな、命占術・相術に当てはまる占いはコチラ。

  • 四柱推命
  • 紫微斗数
  • 九星気学
  • 西洋占星術
  • 数秘術
  • 手相
  • 姓名判断

 

選択するときは直感が一番

さらっと、こーゆー時はこんな占いがオススメですよー。

ってお伝えしましたが、いまいちピンっと来ない方もいると思います。

その時はその判断が正しいです。

 

自分が受けたいものを受ける。結局はこれが一番大切です。

迷ってしまう時は、情報ではなく感覚を大切にしてみてください。

 

気になるものというのは、無意識にあなたが求めているものなのかもしれません。

今のあなたに必要な情報がそこにある可能性がとても高いです。

 

占い鑑定を受けてみたい。

そう思ったときから、占いの力の影響を受けているのかもしれません。

(実際に鑑定を希望した日を基に占う占術もあります)

[kanren postid=”100″]

1,468 Thoughts on “占いの種類が多くて何の鑑定を受けていいか迷う時”