塩で体を整える【浄化風呂】

塩の力は不思議だと感じています。

塩は食物の役割だけではなく、体を整えることにも役立つからです。

今回の記事では、塩を使った体を整える方法についてお伝えしていきます。

 

塩は浄化になる

塩は浄化効果があると言われていますが、それは事実だと私は思います。

主観でしかありませんが、塩を使うと体がとても軽くなるのを感じるからです。

 

なぜ塩に浄化作用があるのかは分かりません。

 

ただ、私の考えでは集合意識が関係していると思っています。

集合意識とは多くの人の思いや考えです。

 

浄化とは、不浄をものを取り除いて清潔にすることです。

 

古事記では、黄泉の国(死者の国)から帰ったイザナギノミコトが、海水で身を清めといった話があります。

海水に含まれる塩に浄化の作用があると考えられそうですね。

また塩は葬式でも配られますので、塩には清めるというイメージが浸透していると言えます。

 

プラシーボ効果などではなく、多くの人のイメージが塩に清めるという力を付与しているのだと思います。

実際に儀式でも頻繁に塩は使われますし、神社などで販売もされていますので、塩には神性があると考えることができます。

 

穢れるとは何か?

穢れるというと言葉はかなり強烈ですよね。

霊的な影響を受けることもそうですが、もっとシンプルに言うのであれば、エネルギーが落ちている状態と言えそうです。

 

エネルギーが落ちると、

  • 体がスッキリしない
  • 集中できない
  • イライラする

といったような状態になります。

この状態が継続するのであれば、塩を使った浄化を試してみるのも良いかもしれません。

 

浄化と言う言葉でも重いと思います。

ですので、「塩で体を整える」といった感じで気楽に捉えてみてください。

 

塩を使った浄化風呂

塩を使った浄化にはお風呂が手軽です。

  1. お湯を張る
  2. 塩を入れる(握りこぶし1つ分)

たったこれだけです。

 

塩は精製された塩ではなく、天然の粗塩を使用してください。

一番のおすすめは神社で購入できる塩ですが、スーパーで購入できる塩でも問題ありません。

 

人によっては岩塩を推奨している人もいます。

私も、岩塩とスーパーで売っている普通の塩を試したのですが、個人的にはスーパーで購入したものの方が、効果があったように感じました。

ですので、人によって感じ方はそれぞれだと思いますので、自分でいろいろ試してみると良いと思います。

 

浄化風呂の効果

浄化風呂に浸かることで、体についた悪いエネルギーを外に排出することができます。  

 

さらに効果を良くするには

  1. 入浴する
  2. 自分の体から黒いもやのようなものが出ていくイメージをする
  3. それがお湯の中に溶け込んでいくイメージをする

こんな感じで、体だから毒素が抜けるイメージをすると良いです。

ただお湯に入るだけよりも、より効果的に体を軽くすることができます。 

 

また塩を使ったお湯に浸かることで、保湿効果や保温効果も期待できます。

リラックス効果や安眠効果が高まることにより、良質な睡眠を得ることで肉体的な疲労もの解消も促すことができます。

肉体的にも精神的にもどっちにも適した一石二鳥な浄化方法です。

 

浄化風呂の注意点

浄化風呂には注意点が3つあります。

  • 短時間であがる
  • お湯はの使用は1回だけ
  • 洗濯に使いまわさない
  • 最後にシャワーを浴びる(可能であれば)

 

短時間であがる

お風呂は短時間で上がってください。

長時間の入浴は疲れやすくなるだけでなく、せっかく払った悪いエネルギーをまた取り入れてしまうことになります。

だいたい10分~15分程度であがることを目安としてください。

 

お湯の使用は1回だけ

浄化風呂に入った時は同じお湯を家族間で使わないようにしてください。

体からお湯に溶け出した悪いエネルギーを、次にお風呂に入る人が取り込んでしまうからです。

もし、他の人も入るお湯で試すのなら一番最後に入るなどの工夫が必要です。  

 

洗濯に使い回さない

洗濯にも使うのもオススメしません。

他の人にエネルギーが移ってしまう理由と同じになります。

せっかく洗濯をしているのに、見た目は綺麗でも実際には悪いエネルギーが付いた洗濯物になってしまいます。

 

最後にシャワーを浴びる(可能であれば)

浴室から出る時に可能であればシャワーで体を洗い流してください。

最後に、綺麗な水で体を整えるといった感じです。

 

考えるよりも試してみる

塩で浄化ということに、色々な疑問があるかもしれません。

考えるよりもまずは試してみてください。

いつも以上に仕事で疲れた時や、人混みの場所にいった時に行うのがオススメです。 

 

浄化風呂の作り方をもう一度おらさいをすると

  1. お湯を張る
  2. 塩を入れる(握りこぶし1つ分)
  3. 10〜15分入浴する

となります。

 

注意点は4つありました。

  • 短時間であがる
  • お湯はの使用は1回だけ
  • 洗濯に使いまわさない
  • 上がる前にシャワーを浴びる(可能であれば)

たったこれだけのことですが、体がスッキリして身も心も軽くなるので、本当にオススメです!

体に違和感を感じる方には特に「塩で体を整える」ことを試して欲しいです。

驚くほどの変化を体感できると思います。

 

補足記事書いています。

なぜ塩には浄化作用があるのか気になる方はコチラの記事を読んでみてください。

塩のオーラは何色?

2022.06.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です