自分のオーラを知るメリット

イベントなどでオーラ鑑定をするときには、まず初めに、オーラには「表と裏」があるということをお伝えしています。

オーラって聞くと、多くの人は自分の体の周りにある色をオーラと捉えています。

間違いではないのですが、私は「オーラはその部分だけではないんです」ってお伝えしています。

 

じゃぁ、もう一つのオーラをどこで見ているのかというと、胸のあたりにあります。

と言っても、胸のあたりにあるオーラは、霊視をしてみています。

なので、魂の色と表現することもあります。

 

  • 霊視を使わなくてもみれるオーラを「表」のオーラ。
  • 霊視を使って視るオーラを「裏」のオーラ。

といったように分けています。

 

そこで気になるのが、表のオーラ、裏のオーラにはどんな違いがあるの?ってとこだと思います。

 

表のオーラには、今の状況が現れます。

緊張していたり、混乱していたりすると、色がコロコロ変わります。

楽しかったり、悲しかったり、喜怒哀楽がそのまま出てきます。

 

あと、服の色の影響も受けることが多くて、その時に着ている服の色と関係している感情になっていることも多いです。

と言っても「今日の服は青だからあなたは今、悲しいのね。」っといった、わけのわからん鑑定にはならないです。

 

色にも陰と陽があります。

表に出ているオーラがポジティブな影響を与えているのか、それとも、ネガティブな影響を与えているのか。

そこはしっかりオーラを見て鑑定しています。

 

表のオーラからは今の状態が分かるので、現状の状況、物事に対して、

  • どのように進めていけばいいのか。
  • どのようなことをに注意するといいか。

というようなことをお伝えすることができます。

 

次に裏のオーラ。

こっちのオーラには、その方の本質が出てきます。

つまりは本音の部分が見えてきます。

 

なので、裏のオーラの色にあっていない行動をとると、違和感や不平不満を持ちやすくなります。

例えば、仕事のやり方などで本当は〇〇したいけど、会社の方針で〇〇しないといけない。

といったときに不満が出やすいです。

 

その「本当は〇〇」の部分が、裏のオーラと関係してくる部分なのですが、そもそも自分にあった進め方を知っているという人は多くありません。

そんな時に参考になるのが裏のオーラです。

 

自分の心に従った生き方になっていないと、上手くいかないと感じることが多くなります。

裏のオーラを、魂の色って表現しているのも、心の部分と密接に繋がってくるのが理由です。

 

表のオーラにしても、裏のオーラにしても、自分の今オーラと適切な行動方針にすることで、

  • 物事に納得できるようになる
  • サクサクと物事が進められるようになる

というように変化していきます。

 

自分のオーラについて知りたい、興味が出たという方は、ぜひオーラ鑑定を受けてみてください。

オーラ鑑定は個人セッションやイベント出展で受け付けています。

 

 


8月27日(日) 11:00〜17:00
第5回with you♡神戸

イベント出展させていただきます。



セッション予約であなだけのオリジナル特典プレゼント。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です