少し前から陽宅風水の勉強をしています。

ちょっとマニアックな話をすると、最近では玄空飛星という流派が人気のようです。

書店では、八宅か玄空飛星の本しか見かけません。玄空飛星はフライングスター風水なんて呼ばれ方もしています。

私は紫白九星というものを勉強しています。

 

風水は覚えることも多くて独学はなかなか難しいんですよね。

なので、家の鑑定をすることはまだできないって思ってました。

でもそれは間違いでした。

 

ふと思ったんです。

「相としてだったら、家の鑑定ができるよね」って。

ちゃんと勉強しないと家の鑑定は出来ない。そんな思い込みで思考が狭くなっていました。

 

相で家を鑑定する

日本で発展したものとして、家相というものがあります。

私は家相を学んだことはありません。

でも鑑定できると言えます。それは相をみることができるからです。

 

家相というのも、元を辿れば古代中国の考え方に基づいています。

なぜこうなるという基礎がわかっていれば、占いを学ばなくてもある程度の解釈ができるようになります。

 

私は手相でも鑑定をします。

線を覚えたものではなく、古代中国の考え方に基づいた読み方をしています。

手相を学び始めた頃は線を見ていたのですが、線を覚えるのをやめてから「当たっている」と言われることが増えました。

これは、線の意味を覚えたのではなく、相として表れてる象意を読んだからだと思っています。

 

実際に、手相で取り入れている考え方を、家相として当てはめてみたんです。

自分の家での検証だったのですが、結果としては今の状況と一致することが多かったんですよね。

 

問題が分かるという事は対策も分かるという事なので、それも試してみたら実際に流れに変化が出てきました。

 

家相で自分の運気が変化した

相が示す場所は、植物のサイクルで表すと「種」を司る場所でした。

芽がでる→花が咲く→実になる→種になる

起承転結のように上のような循環があるのが普通なのですが、問題の場所が障壁となっていて循環がありませんでした。

つまり、象徴としては「芽が出る」とか「生まれ変わり」「新しいステージ」と考られるのですが、それが出来ていないという事。

 

そこで、問題の場所に対してアプローチしてみると、実際に仕事面でプラスになる変化がありました。

内面での変化があり、文字通り「生まれ変わった」と自分で思えるくらいの大きい変化でした。

 

何よりもアプローチしてから

  • 流れが変わった感覚がある
  • 自分の運が良くなったと実感できている

という変化が起きたので、自分でもビックリしたところです。

 

こんな感じで、自分の経験を通したオリジナルの家相ですが、実際に変化を体験しました。

私が家相を見る時には、鬼門や裏鬼門という考え方は採用しないでしょう。

方位による場所の良し悪しではなく、今の状況を良くするためのお部屋の使い方や、リーディングを通して感じたことをお伝えさせていただきます。

 

  1. 問題を見つける
  2. 検証をする
  3. 対策をする

という形でシンプルにお伝えしていきます。

住環境の改善という意味の鑑定ではなく、現状の問題の改善する鑑定に興味がありましたら、気軽にお問い合わせください。

 

[btn]セッション希望はコチラ[/btn]

 

風水には二つのベクトルがある

一般的には、占い的に家を鑑定することを風水と呼んでいると思っています。

とすると、風水にも二つのベクトルがあると考えています。

  • 根本原理に忠実な風水
  • 占い的要素が強い風水

 

根本原理に忠実というのは、風水には巒頭(らんとう)・理気(りき)という考え方があるのですが、それを用いた風水です。

陽宅風水と呼ばれるものです。

占い的な要素が強いものというのは「カーテンの色は〇〇色とか、〇〇の方向に〇〇色」という感じのものです。

その中で相というものは、占い的要素と根本原理の中間にあるものとして捉えています。

 

イメージとしてはこんな感じです。

 

  • 最近、調子が思うように出ない
  • なんとなく家に違和感を感じる

そんな状態を良くするための「相としての鑑定」ができます。

間取りなども必要となりますので、セッション当日にお伝えいただいた場合には対応が難しいので、事前にお伝えいただければと思います。

 

[btn]セッション希望はコチラ[/btn]

 

[btn]相術に興味がある方はコチラ[/btn]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です